ほほえむ少年

読み解く力を育てる

塾が神戸で提供しているのは、多くの場合受験対策の指導か、学校の定期試験対策の指導か、のどちらかです。学力向上という言葉をよく分析すると、受験に打ち勝つか、内申点を高めるか、のどちらかに対するアプローチとして、直接的にそれぞれの科目の指導を行うような内容が提供されている傾向にあります。
ここで、塾の中でも、神戸で希少な指導方法として、読み解く力を育てる速読講座を行っている教室があることに注目できます。学校の勉強、受験の勉強、それらとはまた違った、根本的な能力開発を行えるという点で、神戸の塾が提供している速読講座は間違いなく有用です。

速読講座を塾で受けられる神戸の教室に通うと、着実に成果を期待できます。まず、文章を早く読めるということは、それだけ何を書いているのかすぐに理解できるということです。つまり、理解力の向上が実現できます。さらに、読書できるペースが上がることで、読書自体が苦痛にならなくなるため、本を読む事自体への抵抗感がなくなります。これは、大人になってからも重要なスキルで、むしろ将来的に欠かせない能力です。読書への苦手意識があることで成長のチャンスを逃す人は少なくないため、子供のうちに読書アレルギーをなくしておくのは大切です。神戸の塾で速読術を学生のうちに習得しておけば、未来を自分で切り拓く能力を身につけられるのが魅力です。
塾に通うのは、受験や補習という意味合いをイメージに持つ人も少なくありません。そのイメージを覆せる、能力開発としての力を持つのも、神戸の塾が持つ強みです。