ほほえむ少年

必要性に合わせる

塾は神戸に多種多様存在していますが、教室の傾向から判断すれば通うべき教室は明らかです。それは、生徒が伸び悩んでいる部分に対していかにアプローチできるか、必要性に合わせる個別指導を選択するべきだ、という一言に集約されます。
もちろん、集団指導にも良い所はあります。ですが、個別指導のほうがより柔軟で、集団指導の目が届かない部分に関してアプローチできるため、多種多様な悩みを解決できるだけの強みを確保できます。
具体的には、集団指導の場合はあらかじめ決まったカリキュラムによって指導を行っていくため、そのカリキュラムに対応できる習熟度が生徒に求められるという弱点があります。もちろん、進行ペースがしっかりしていて、ノウハウも集積されているという信頼感は集団指導塾の魅力ですが、それでも個別指導のほうが、細かな弱点をカバーしていけて、失点要素をなくしていけるという強みがあるため、神戸で塾を選ぶなら間違いなく個別指導のほうが有用だといえます。

神戸で個別指導を行っている塾が提供するサポートは、まず生徒の特性を見極めるところから始まります。入塾時に基本的なテストを行って、生徒の得手不得手を判断する段取りを行ってから、カリキュラムを決定していきます。
つまり、個別指導を受けることで、画一的ではない、生徒自身に合わせたカリキュラムでレベルアップできるのが特徴です。理系科目が苦手、文系科目が苦手、勝負したい科目がある、そういった細かなニーズに対応できる点は、神戸で塾を選ぶときに見逃せません。
しかも、集団指導と違って、指導内容に置いて行かれることがない、という強みも見逃せません。必要な指導を最適なペースで行える点で、神戸の個別指導塾には確実に強みがあります。